はじめに

ここ2〜3年前から、インフルエンザ・ワクチンの見直し、画期的な迅速診断法の普及、そして
特効薬の開発などインフルエンザの予防、診断、治療の進歩はめざましいものがあります。

私たち、日本臨床内科医会ではこれらについて詳しく全国調査研究を行い、国民のインフルエンザ対策に役立てています。
今回、そのデータを基に、最新情報をお伝えいたします。

1.インフルエンザとは

インフルエンザという語源は、1358年にイタリア人によって“星、もしくは寒い気候による影響”と言われたのが最初で、病原菌が天から降ってくると考えられていました。
インフルエンザウイルスは元々鴨など鳥類の腸内ウイルスが起源であり、感染したアヒルやニワトリなどの家禽から稀に人に、通常ブタを介して人に感染致します。感染力が大変強く、飛沫感染により潜伏期間1〜2日を経て発病、低温・低湿度の冬季に大流行いたします。図−1は昨季の流行時期を示しています。

図−1


20世紀の四大流行といわれるものに、1918〜1919 スペインかぜ、1957〜1958 アジアかぜ、1968〜1969 香港かぜ、1977〜1978のソ連かぜがあり、このうち、スペイン風邪は、6億の人が罹り、2300万人が死亡、わが国でも人口の半数近くが罹り、38万人が亡くなりました。人々が免疫を持たない新型インフルエンザが発生すると、このように一大脅威となります。


インフルエンザには、ウイルス表面突起の抗原性によりA型、B型、C型があります。
C型は、稀に小児期に重症化することがありますが、成人では症状が軽く、いずれもあまり問題になりません。図-2は年齢別の罹患状況で、インフルエンザ(特にB型)は、若年者に多いことがわかります。

図−2

2.インフルエンザの症状

突然の発症、38度以上の発熱、上気道炎症状、全身症状(筋肉痛、全身倦怠など)以上四項目全てを満たすこと(厚労省の感染症発生動向調査による症状診断基準)となっていますが、老人の場合、発熱は37℃台のこともあり、必ずしも症状はこの基準どおりではありません。

3.インフルエンザの診断

迅速診断法

2年前から画期的検査方法が開発されました。

それは、外来で、15分位で、簡単にできる迅速診断法で、インフルエンザか、否か、A型か、B型かを診断可能です。
ただ、この検査方法は、発病初日は確率が60%と悪く、陽性に出ない場合があり、ウイルス排泄の多い2日目80%、3日目84%と高くなります(表―1)。そのため、インフルエンザが疑われる場合、翌日にもう一度やってみる必要があります。
 
表−1


なお、流行期には先述の臨床症状による診断も確率が高く、1)突然の発症2)38℃以上の発熱3)上気道炎症状4)全身症状(筋肉痛、全身けん怠感)、以上すべてが揃った場合、早期治療のため特効薬を初日に内服したほうが、早く治ります。


4.インフルエンザの治療

抗インフルエンザ薬

一昨年から、オセルタミビル(タミフル・内服)、ザナビミル(リレンザ・吸入)、アマンタジン(シンメトレル・内服)という画期的な特効薬が保険適応となりました。 

これらは早期に内服するほどよく効きます(図―3)。そのため発病よりなるべく早く(12時間以内)、遅くても24〜48時間内に内服することになっています。

図−3

また、ウイルスは抗インフルエンザ薬を内服すると、より早く消失しますが(図―4)、解熱してもまだ排泄されていますので(図―5)、家族への感染、職場での感染を防ぐため、あるいは気管支炎などを長引かせないためにも、規定どおり合計5日間は内服することが必要です。

図−4]                        [図−5

抗インフルエンザ薬の副作用

オセルタミビルの副作用は、1813名中18名にみられ、頻度は1.0%、内訳は、下痢6,吐気5,腹痛,食欲不振,胃腸障害,めまい,倦怠感,不眠,低体温が各1名であり、胃腸障害が主でした。アマンタジンの副作用は742名中6名、0.8%にみられ、内訳は下痢,めまいが各2,吐気,不眠が各1名でした。また、ザナミビルは106名中副作用0でした。

以上より、いずれの抗インフルエンザ薬も安全性が高いといえますが、1歳未満ではタミフルの安全性が未だ確立されていません。

5.ウイルス排泄と家族内感染

調査によると、解熱後もウイルスが排泄されていて、抗ウイルス薬を止めた後も排泄されていました。そのため、抗ウイルス薬は、解熱後も家庭や職場での感染防止上、また気管支炎など病状を長引かせないためにも、計5日間の内服が必要です。
なお、家族内感染は、子供が主要な感染源であり、ついで母親が感染源となっていました(表―2)

表−2

6.インフルエンザの予防

ワクチンの効果

インフルエンザワクチンは、世界的に広く用いられ、通常不活化された抗原(ウイルス)が用いられますが、ワクチンの抗原と、流行株の変異からくる抗原性のずれが発生し、必ずしも万全ではありません。そのため、わが国では1994年から、インフルエンザの社会的流行に対する抑止効果が薄いと判断され、児童の公的接種が廃止されました。

しかしながら、老人のインフルエンザ罹患による肺炎などの死亡率が高いため、2001年から65歳以上の公的接種が開始されました。予防接種を行うことにより、インフルエンザに罹りにくくし、罹っても肺炎など重症化を防ぐことを期待しての措置です。

ワクチンの効果は絶対ではありません。昨季ワクチンを接種しない人のインフルエンザ罹患率は7%で、接種した人では3%でした。このうち15歳未満では非接種者の罹患率は18%、接種者では11%で、小児では1昨年よりはその効果が低下していました(図―6)。つまり現在使われているワクチンには予防効果はあるのですが、それでも罹る場合があるので過信は禁物です。

図−6

なお、基礎免疫の少ない15歳以下では原則2回接種が勧められていますが、16〜64歳ではただいま検討中、65歳以上は1回接種でもよいようです(図―7)。

図−7

ワクチン接種の副反応

ワクチン接種者の30%ぐらいに注射部位の反応が出るといわれていますが、昨季の調査では、被接種者接種8816名中、臨床上問題となった副反応は128名にみられ、出現頻度は1.45%でした。多かったのは、やはり局所症状としての発赤55名、疼痛28名、腫張24名、かゆみ19名であり、全身症状は発熱12名、倦怠感9名と比較的少なく、ワクチンの安全性は高いといえます。

7.家庭におけるインフルエンザ対策

早期受診・・早期に特効薬を内服することより、いち早く治すことが出来ます。

安静・・仕事、宴会、夜更かしなど無理をしないで安静が一番です。

部屋の保温(20℃以上)、湿度60%以上・・ウイルスは低温、低湿度を好み、乾燥で気管など気道粘膜を傷めないように部屋の湿度を保つ工夫(濡れタオル、植木鉢)をしましょう。

水分、ミネラル、ビタミンの補給・・脱水を防ぎ、脳症、肺炎など重症化を防ぐために充分に補給しましょう。

家庭内・職場内感染を防止・・マスクなどで飛沫感染を防ぐ工夫が大切です。

(日本臨床内科医会インフルエンザ研究班作成 2004年1月)

(このホームページに記載されている、原稿・スライド等は著作権法で
保護されています。
ご使用をご希望の際は、事前に岩城内科医院にご連絡ください。)
インフルエンザの基礎知識