Windows XP でログイン画面を変更する




Windows XP のデフォルトではユーザのアイコンをクリックするだけで、
ログインできてしまう。
当然、パスワードの入力は求められます。
ユーザ名の入力が必要ない。
これではセキュリティ上あまりよろしくない。

また、デフォルトでは Ctrl + Alt + Delete を押しても
ログオフやシャットダウンのメニューを出すことができない。
使用上不便です。

これらを有効にするために、
ログイン画面をクラシック ログオン プロンプトに切り替える方法は
次の通り。

[ スタート ] --> [ コントロールパネル ] --> [ ユーザー アカウント ] を開く。
[ ユーザのログオンやログオフの方法を変更する ] をクリック。
[ ようこそ画面を使用する ] のチェックを外す。
[ ユーザーの簡易切り替えを使用する ] のチェックを外す。
[ オプションの適用 ] をクリック。

これで Windows XP にログインする際には、
Ctrl + Alt + Delete を押してから、
ユーザ名を入力してログインするようになります。

また、ログイン中に Ctrl + Alt + Delete を押すと、
ログオフやシャットダウンのメニューが表示されます。