「 宮古島観光名所」
     
コバルトブルーの海に架かる 来 間 大 橋   平成11年10月撮影
一般農道整備事業として昭和61年に着工し、平成6年に完成、平成7年3月に開通した。
日本一長い農道で総延長3.923q、総工費約91億8千万円

 

宮古島市の静かな住宅街に美人ママのカラオケ店があります。宮古島観光や里帰りの節は是非お立ち寄り下さい。

ようこそいらっしゃいませ!!。 どうぞ中の方へお入り下さいませ、と迎えてくれた。 

島ビール・島酒を飲み、カラオケは歌い放題です。 かって、ママは歌手志望で一度はプロデビューまで考えたことがあるそうな。 今でもある老人施設の慰問で歌うこともある。料理も上手で彼女の手作りの、島野菜の天ぷら、サーターアンダギー(さたぱんびん)は美味。  

                                                  

ホットニュース

      ママさん(洲鎌京子)は、10月24日(日)、東京上野:東天紅 上野本店で行われる全国歌謡選手権大会に沖縄県を代表して出場するという。是非頑張ってほしい。結果が楽しみですね。

!!全国大会3位入賞 おめでとうございます。   

…………………………………………………………………………………………

洲鎌京子さん3位入賞/全日本オープン歌謡選手権大会

県代表初、来年歌手デビューへ
全国大会で3位入賞を果たした洲鎌さん。入賞トロフィーの高さは165a=4日、平良のカラオケ歌謡館 全国大会で3位入賞を果たし洲鎌さん。        入賞トロフィーの高さは165a=4日、      平良のカラオケ歌謡館

 全日本オープン歌謡選手権大会(主催・全日本芸能協会)がこのほど東京で行われ、県代表で初出場した洲鎌京子さん(55)=平良=が歌唱力を高く評価され3位入賞に選ばれた。入賞トロフィーの高さは165a。洲鎌さんは「小さい時の夢は、歌手になることだった。全国レベルに選ばれ、とてもうれしい」と笑みをこぼした。洲鎌さんは今年5月、県大会に初めて参加した。38人がエントリー。審査の結果、洲鎌さんは準優勝を果たし、全国大会への出場権を手にした。全国大会では、プロ歌手を目指す歌い手ら63人が参加。洲鎌さんは演歌「なにわの女」を熱唱し、観客の大きな拍手を浴びたという。県代表の出場者が3位になったのは、洲鎌さんが初めてという。   洲鎌さんは来年4月、マティダ市民劇場で歌手デビューリサイタルを開く予定。新曲を披露する。洲鎌さんは「演歌は200曲ほど歌える。地域のイベントなどで出演の依頼があれば、積極的に参加して演歌を披露したい」と意欲を示した。

                       (2010年11月5日宮古毎日新聞)より

…………………………………………………………………………………………

 

     「乾杯」で再会を約束/トライふれあいパーティー

戦い終え選手交流 

健闘をたたえ合って乾杯する選手たち=25日、市総合体育館

健闘をたたえ合って乾杯する選手たち=25日、市総合体育館

 「乾杯」「がんばろう東北」−。第27回全日本トライアスロン宮古島大会を締めくくるふれあいパーティーが25日、宮古島市総合体育館で行われた。前日のレースを戦い終えた選手たちは大会スタッフやボランティアと交流。宮古の伝統芸能クイチャーを踊りながら再会を約束した。参加者は口々に「大会を開催して良かった。東日本に元気を送り続けたい」と話した。

 パーティーは表彰式後に行われ、会場には郷土料理がずらりと並んだ。選手たちはオリオンビールを片手に料理を味わい、レースの疲れを癒やした。

歌手の星野京子さんや、アイランダーアーティストの下地暁さんは歌で会場の雰囲気を盛り上げた。下地さんがクイチャーを演奏すると、総合優勝の河原勇人ら多くの選手や大会関係者が舞台に上がり、見よう見まねでクイチャーを乱舞。それぞれ第27回大会の思い出を胸に刻んだ。

          ※ 星野京子さん(本名:洲鎌京子)も デビュー曲: 愛をふたたび 宮古「愛」ランド を歌い会場を盛り上げて選手達を労ったと報じている

                                      (2011年4月26日宮古毎日新聞)より

…………………………………………………………………………………………………………………………………

2011年12月20日(火) 9:09 | 231 views

オリジナル曲や演歌で魅了/星野京子さん歌謡ショー

歌謡曲や演歌を中心にステージを盛り上げた星野京子さん=19日、城辺改善センター

歌謡曲や演歌を中心にステージを盛り上げた星野京子さん=19日、城辺改善センター

 今年4月に歌手デビューした星野京子さん(本名・洲鎌京子)の「ふれ愛歌謡ショー」(主催・カラオケ歌謡館、後援・宮古毎日新聞社、協賛・歌のさんぽ道)が17日、城辺改善センターで行われた。オリジナル曲やカラオケの定番曲など10曲を披露した星野さんは「大好きな歌をこれからも歌い続けていきたい」と抱負を語った。最後は「いつでも夢」を出演者、観客とともに歌い上げ、夢を持つことの大切さを共有した。天童よしみの「あんたの花道」でオープンニングを飾ると、オリジナル曲の「愛をふたたび」「宮古『愛』ランド」を熱唱。美空ひばり、松山恵子のヒット曲メドレーでも楽しませた。茜屋出雲流・出雲松景星教室の華やかな日舞や、ダンススタジオアンリの平良直子さんと安里朝康さん、マブハイダンスグループの息の合ったダンスが披露されるなど、星野さんの歌を通しての交友関係がステージに広がった。カラオケサークル華の会のメンバーが次々と舞台に上がり、こぶしの利いた歌いまわしでステージを盛り上げ。長間三夫さんの「笑タイム」も加わった約2時間のショーは最後まで観衆を引き付けていた。星野さんは「年末で忙しい中、大勢の人が駆け付けてくれて本当にうれしい。これからも歌の世界に精進し、歌を通して皆さんに元気を届けられれば」と話した。

 

 


…………………………………………………………………………………………………………………………

                                                                     

         沖縄県宮古島市平良字西里1123−12  TEL 0980-73-8179                          (ご来店には、前もって予約してくだされば ありがたいです)

 

←TOPへ戻る