トップページニューシャトルの案内時刻表/所要時分/運賃乗車券の案内
広告のご案内駐車場/トランクルームパークアンドライド/マイカーパス会社の概況

 

路線図 & 沿線マップ     ニューシャトルのあれこれ

 

◆ ニューシャトルの案内 ◆

 埼玉新都市交通伊奈線・ニューシャトルは、大宮・上尾・伊奈の3地域に東北・上越両新幹線が建設されるに伴い、その沿線地域住民の足として導入された新交通システムの旅客輸送機関です。昭和58年12月に開業し、新幹線高架軌道の張出し部分を活用して、大宮と内宿(伊奈町)の間12.7kmを走り、通勤・通学や買物客等の輸送に公共交通機関としての役割を果たすとともに、沿線地域発展の原動力となっています。
 運営主体は、埼玉県及びJR東日本(元国鉄)と沿線のさいたま市(元大宮市)・上尾市・伊奈町の自治体、銀行、私鉄等の出資により設立された、第3セクターの埼玉新都市交通株式会社です。

 高架を走る車窓からの眺めは抜群です。よく晴れた日には、大宮の市街地の彼方に秩父の山並みや富士山の霊峰を望むことができます。
 また、沿線北部の周囲は四季折々に変わる自然の美しさをいまだに残しています。特に、春の新緑の彩りと、秋の色とりどりの紅葉はすばらしく、”武蔵野の自然美”を再発見できます。

◆ ニューシャトルの特徴 ◆

●駅はバス停並みに概ね1kmごとに設けられ、利用客の利便を図っています。
●電車はワンマン運転ですが、コンピュータシステムによるATC(自動列車制御装置)やARC(自動進路制御装置)を採用し、安全が確保されています。
●車両は小型軽量でゴムタイヤのため騒音・振動は少なく、冷暖房も完備しており、乗り心地は快適です。
●列車は6両編成(乗客360名程度)で中量輸送機関として人にやさしい交通機関と位置付けられています。
●ニューシャトルの最高速度は60km/h、表定速度は31km/hです。

◆ ニューシャトルの名称 ◆

●”ニューシャトル”の名称は、起点の大宮駅と終点の内宿駅を織機の梭(ひ)つまりシャトルのように往復する意味から名付けられた愛称です。


【大宮駅構内図】

ANNNAIZUOOMIYA.JPG - 49,375BYTES


このページの先頭へもどる      ひとつ前のページへもどる      トップページへ


Produced by 埼玉新都市交通株式会社
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は埼玉新都市交通(株)に属します。