ホーム   サイトマップ   ゲーム   リンク集   お問い合わせ 



計画表の種類





 あなたの計画力 
 計画について 
 計画表の作成 
 計画表テンプレート 
 シミュレーション 
 ゲーム 

計画表の種類

計画表は、計画した内容を目に見える形にしたものです。いろいろな表現方法があります。 主なものに「図表形式の計画表」と「リスト形式の計画表」があります。


図表形式の計画表

矢印が多用されます。


特徴
 長所
小さいスペースに全体を表現しやすい。全体が分かりやすい。
直感的であり、計画表を作りやすい。
矢印なので中身に関係なく、開始時点と終了時点で表現できるので扱いが簡単であり、すばやく作成できる。

 短所
中身があいまいになりやすい。
開始時点と終了時点で表現しているので、無理が入りやすい。
チェック用には表現しづらい。

   

リスト形式の計画表

文字や文を用い、一覧表のような計画表。



特徴
 長所
今日やるべきことが明確。
内容重視の計画表にできる。
チェックリストの形にできるので管理しやすい。

 短所
数ページにわたる計画表になりやすい。全体が直感的に捉えられない。
計画表の作成は、困難な場合が多い。


用途により使い分ける

上述のように、それぞれ長所・短所があります。
使う用途により使い分けるのがよいでしょう。
たとえば、

○会議などで説明する場合は、図表形式の計画表が適しています。リスト形式の計画表では、直感的ではないうえ、理解するのに時間がかかってしまいます。
○目標を持って自分で使用する場合は、管理しやすいリスト形式の計画表が適しています。図表形式の計画表では、無理がはいりやすく途中挫折することが多くなります。